ギフト

お中元のマナーを身につけよう|感謝とお祝いは素敵なギフトで表現

内祝いのマナー

カップル

結婚をお祝いしてくれた方にお返しのギフトを贈ることはマナーです。現在ではお返しのことを「内祝い」と称することが主流ですが、内祝いは本来お祝いされる側が先に贈るものでした。特に気にする必要はありませんが、贈る時期や相場などを事前に知っていれば、マナーを守った適切な贈り物が出来るでしょう。結婚内祝いの相場は、いただいたご祝儀の3割から5割ほどだという認識で問題ありません。先に結婚内祝いを贈る場合、金額が大きすぎると相手が気を遣ってしまう可能性があります。お祝いの際の贈り物には必ず「お返し」があるということを踏まえ、贈り物の費用を高くしすぎないようにしましょう。

結婚内祝いは出来るだけ早めに用意することが大切になります。報告も兼ねて挨拶をするなら、入籍してから数週間居ないが最も望ましいでしょう。特に上司など、普段から付き合いのある目上の人には早めに報告するべきだと言えます。結婚内祝いのギフトと引き出物をまとめて、結婚式で配るということも悪くありませんが、その場合には招待状を渡す前に電話などで連絡しておくことが最適です。

主に食品が一般的である結婚内祝いですが、食品と言ってもその種類は数えきれないほど存在しています。センスの良い贈り物は受け取った相手から喜ばれるので、人気商品に目を向けてみることも最適です。ギフトの通販では内祝いとして人気のある商品を購入出来ます。モデルや女優などが雑誌などでおすすめしている商品も揃っているので、結婚内祝いを用意する際に利用してみましょう。